トイレの夢の話

トイレの夢もよく見ます。

トイレの夢には主に2種類のパターンがあり、

1つは、会社内や道でトイレを探し回っているのになかなか見つからないというパターンで、

もう1つは、トイレに入ったけれども、いざ用を足そうとすると、

そこが外から丸見えになっていて、恥ずかしくておしっこができないというパターンです。


いずれも、おしっこをしたいけれども、そのままだとおねしょをしてしまうので、トイレが見つからないとか、人から見られて恥ずかしくてできないとか、おねしょを抑制するための機能として、そのような夢を見るのではないかと思います。

ただ、我慢しないでおしっこをしてしまう夢も時々見てしまいます。

子供の頃にそのような夢を見たときは、必ずと言っていいほど、目を覚ますとおねしょをしていたものです。

さすがに大人になってからおしっこをする夢を見ても、おねしょにはならないようです。

夢の中では気持ちよくおしっこをしているのですが、実際には出ていないようで、それが不思議ではあるのですが。




【見放題chライト】7000本以上の動画が初回2週間無料

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック