音楽が聴こえる夢の話

音楽が聴こえている夢をたまに見ることがあります。

それも、現実に鳴っている音楽が夢の中で聴こえるということではなく、

あくまでも、夢の中独自で音楽が聴こえるという夢です。

私は今まで、そんな夢を2回見たことがあります。

1つめは、若い頃、レッド・ツェッペリンの「天国への階段」という曲が流れている夢を見ました。

その夢を見たのは昼近い朝で、目を覚ます直前でした。

夢の内容は覚えてませんが、夢の中でこの曲が聴こえていたのは今でも覚えています。
 
当時、同居していた弟はギターの練習に明け暮れていて、練習用に録音しているレッド・ツェッペリンやディープ・パープルなどの曲をラジカセで鳴らしてそれに合わせてギターの練習をしていました。

それで、目が覚めた時、弟が「天国への階段」をラジカセで流していたのだろうと思って、すでに起きていた弟に訊くと、かけていないと言うのです。

確かに、目が覚める直前まで曲が聴こえていたのですが、目が覚めた時は、音楽は何も鳴っていませんでした。



もう1つの夢は、昨年見た夢で、これも起床する直前に見た夢でした。

この時も夢の内容は覚えてませんが、夢の中で、マイケル・センベロの「マニアック」が聴こえていました。

目が覚めると、何も音楽は鳴っていないのです。

ということは、外からの音楽が夢の中で聴こえたのではなく、夢の中だけで聴こえたということになります。


また、自分で歌を口ずさんでいたのではなく、あくまでも、客観的に音楽が流れているという感覚でした。

それにしても、「マニアック」は80年代初め頃か中頃にヒットしていた曲で、私も録音して保存はしていますが、それほど大好きな曲というわけでもなく、ここ数年間は聴いていませんでした。

そういう曲がどうして夢の中で聴こえていたのか、不思議です。


【見放題chライト】7000本以上の動画が初回2週間無料

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック