有名人が出てくる夢の話 その2

昨日の朝見た夢には、数年前芸能界を引退した島田紳助さんが出ていました。

山道を歩いていると道路工事をしているのですが、

砂利を敷き詰めた道路の上で、島田紳助さんがぴょんぴょんとジャンプしながら道を固めているのです。

近くには作業員が数人いましたが、

現場監督の島田紳助さんが若手芸人の作業員を従えているようでした。

もう島田紳助さんは芸能界を引退されましたが、

何だか紳助さんが活躍していた頃のお笑い界の位置づけを表しているような夢でした。



車を運転する夢の話 その2

今朝見た夢は車を運転する夢でした。

近くのバス通りを、大きなワゴン車に乗って運転しているのですが、座席の位置が後ろ過ぎて、

足がやっとブレーキペダルに届く位置で、ブレーキをかける時、足をいっぱいに伸ばしてペダルを踏むので、ブレーキをかける度にひやひやしながら運転していました。

助手席に誰か乗っていたようでしたが、誰だか判りませんでした。

夢の中で車を運転する時は危ない目には遭いますが、事故は起こさないようです。


怪物が襲ってくる夢の話

この前、ちょっと怖い、というよりエキサイティングな夢を見ました。

その夢というのが、どこだか判らないのですが、建物内の階段を上がっていると、階段の踊場の壁を突き破って、

映画『エイリアン2』や『エイリアン4』などに出ていた巨大なエイリアンが現れて、私を追いかけてくるという内容でした。

映画の中のシーンのようで迫力のある夢でした。


引っ越しの夢の話

ここ数年の間よく見る夢に引っ越しの夢があります。

アパート、マンション、一軒家とそれぞれの夢で引っ越し先は異なりますが、

いずれの場合も、引っ越しする場面がなくて、すでに転居先に引っ越した後の場面ばかりが出てきます。

新しい引っ越し先で、新しい環境に新鮮さを感じてその近所や周囲を見て回っているという内容が多いようです。

現実にはここ数年来引っ越しはしてませんが、引っ越しをして新しい環境で生活をしたいという願望があるのかも知れません。


法事の夢の話

2、3日前、法事に参列している夢を見ました。

自分の家ではなく、他所の家の法事に参列している夢のようでした。

そこで私は、自分が着ているスーツが紺色であることに気付いて、

「しまった、もう少し黒っぽいスーツを着てくるんだったな」と思ったのですが、

よく見ると、背広の肩や肘の辺りの生地が擦り切れかかっているのにも気付いて、

「こんな古い背広は着るんじゃなかったな」と後悔している夢でした。

何かの儀式や会に出席する夢では、よく服装に不備があって後悔するという夢が多いようです。


階段を踏み外す夢の話

この夢は、よく寝入りばなに見る夢で、今まで数回見たことがあります。

階段を上っていて片足を踏み外してしまい、転げ落ちないようにその片足を踏ん張るのですが、

その時、実際に片足を動かしてしまい、それで目が覚めてしまうのです。

せっかく眠りに入ったと思ったら足がカクッと動いて目が覚めてしまうので、

いまいましい夢だと思います。