法事の夢の話

2、3日前、法事に参列している夢を見ました。

自分の家ではなく、他所の家の法事に参列している夢のようでした。

そこで私は、自分が着ているスーツが紺色であることに気付いて、

「しまった、もう少し黒っぽいスーツを着てくるんだったな」と思ったのですが、

よく見ると、背広の肩や肘の辺りの生地が擦り切れかかっているのにも気付いて、

「こんな古い背広は着るんじゃなかったな」と後悔している夢でした。

何かの儀式や会に出席する夢では、よく服装に不備があって後悔するという夢が多いようです。