手術を受ける夢の話

2週間ほど前に見た夢です。

私が胃の具合が悪くなり、手術を受けることになったのですが、そこは病院というよりも喫茶店のような所で、私はそこのカウンター席に座って手術を待っているのです。

その時の心境は、「手術が失敗したらどうしよう」とか「麻酔が効かなくて痛い目に合うんじゃないだろうか」とかそんなことばかり考えていて、不安な気持ちで手術を待っていました。

でも一向に手術が始まる様子がなくて、私は店のマスターらしい人と話をしながら待たされていて、手術が始まる前に目が覚めました。

いつもそうなんですが、何か事が始まるとか、始めようとするときの夢は、延々と始まる前の状態が続いて、結局何も始まらないまま目が覚めるというパターンが多いようです。
夢判断ではこういう夢も何か意味があるのだと思いますが、おそらく「優柔不断で実行できない性格の表われ」とかいう判断になるのではないかと思います(自分でも優柔不断だと思ってます)。