昨日見た夢の話 その3

昨日の朝見た夢も変わった内容の夢だったので書いておきます。

私が電車に乗っていたのですが、事故が起きたのか停電したのか判りませんが、途中で電車から降りて歩かなければならなくなり、他の乗客と一緒に電車から降りて歩きだしました。

その時の私の服装は、黒っぽいスーツにネクタイを締め、片手にアタッシュケースみたいな鞄を下げ、

典型的なサラリーマンあるいはビジネスマンのような格好をしていました。

他の乗客を見ると、やはり私と同じような格好をしており、出勤するビジネスマンがたくさん電車に乗っていたものと思われます。

そういう背広姿のビジネスマンがゾロゾロと電車から降りて、集団で線路伝いに道を歩いているのです。

その時になって気付いたのですが、私は靴を履いていませんでした。靴だけでなく、靴下も履いていなくて、

裸足で歩いているのです。

周りを見ると、もう1人裸足で歩いている人がいましたが、私は裸足で歩いているのが恥ずかしくて、何とかして裸足の足を隠そうとしながら歩いているのです。

そうしているうちに、歩き疲れたのかどうか、いつの間にか、トンネル内か洞窟の中のような所で、地面に布団を敷いて、大勢のビジネスマンが寝ているのです。

そこで目が覚めましたが、実に変な夢でした。

"昨日見た夢の話 その3" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント